オリジナルMSV 製作記
Vol,2 アナベル・ガトー専用リックグフ編!




モビルスーツ・イン・アクション(MIA)の改造日記!
第2弾!は、YMS-07R-1、アナベル・ガトー専用リックグフです!


グフRシリーズ開発プロジェクト・・・第2弾!! 

当初は、最初に製作した高機動型グフ試作機を”宇宙戦用”にするつもりだったのですが、グフとは元々陸戦用に
開発されたモビルスーツなので、そこからいきなり宇宙用というのもムリがあるかな・・・と思えてきました。
そこで、前作の高機動型がベースになって”宇宙戦用のグフ”が開発されるという設定にして製作した機体がこの
アナベル・ガトー専用リックグフ
です!

基本的な部分は高機動型グフと同じなので、宇宙戦のために改修したポイントを中心に説明します。
高機動型の機体設定の時点ですでに構想はできていましたが、機体コンセプトとしては、欠点をなくし、長所をさら
に強化する方向で構想しました。
そのため、高機動型の欠点である稼動時間の短さに対する対策として、プロペラントタンクを追加装備。

             

まず、バックパックにプロペラントタンクを取りつけるための位置を決めます。
燃料タンクなので、現実的に考えると、あまりバーニアに近すぎる位置はまずいので、その辺も考慮して
上部の部分に2カ所、上の画像に突起が2本でているのが取りつけるためのボールジョイントの軸です。
サイド部分も、ちょうどいい出っ張った部分(矢印の部分)があったので、そこに穴をあけてあります。
バーニアの両脇にちょうど装甲板のようなものがあるので
誘爆の危険性はありません(^^;)

             

このような感じに取りつけました!プロペラントタンクは、市販のアクセサリーパーツを切断して長さを調節した
ものを使用しています。取りつけ部はボールジョイントなので、位置調整も可能です!
また、メイン・スラスターノズルはディティールアップ・パーツに交換し、一回り大型化させています。

             

そして、ショルダー・アーマーには、小型のサブ・スラスターを増設するために穴を開けました。
中央にあるものは、失敗(^▽^;)>゛。。。最初はこの位置に開けようと思ったのですが、アーマーを取りつけるための
突起に干渉してしまったので、上の方に変更しました。失敗した穴は、パテで埋めて証拠隠滅(^^;)
後々考えると、上の方の位置で正解でしたが(^^;)・・・・・・↓


              

R−ZEROとの比較、このような感じになりました!最初に穴を開けた位置では、シールドを腕に装備すると
塞がれてしまうので、この位置で正解でしたね!目立たない部分ですが、シールドには、サブ・スラスターに
当たる部分を削って逃げ加工を施してあります。


            TOP/MENU/NEXT