アクトザク 製作記
ワンオフのペズン計画!?





                       
            
                アクトザク設定画            ガレージキット版 アクトザク

アクトザク製作はモビルジンのスネパーツを加工し、それにザクUからそぎ落とした外装??部分を取り付けて、
パテで大まかに造形する作業まで終了したところで、なんかえらく回りくどいことしてるなぁ・・・
と思えてきたりして(^^;) これと同じ作業をもう片方の足でもやるのかと考えたら、恐ろしく時間かかりそう・・・
なぁんてことをパテ盛り後の削り作業をしながら考えていて・・・

 

ふとまだ未加工のスネパーツにに足の甲部装甲板をつけてみたら・・・・・

   
やっぱ・・・(¬_¬)

こっちの方がいいぢゃないかぁぁあーー!!

てなことでお恥ずかしながら計画を再変更して、当初のやり方でやり直すことにしました(^▽^;)>゛
生け贄になるザクをもう1機確保するまでの間、気分転換?に他の部分の改造を進めることにします(;^_^A

2003/10月号の電ホに載っていた作例を参考にしてるんですが、前途のスネ部分の形状とか、腰アーマー部分も
今度出るGFFのアクトザクとは結構造形が異なるもんですね。カトキ版アクトザクは、スマートでいかにも今風な
デザインだけど、私的にはちょっとズングリムックリした設定画版アクトザクの方が好みなんですが(^^;)どちらにしろ、
従来のザクとは全然形状が違いますね(^^;) 電ホの作例では、腰のサイドアーマー部をサブジェネレータ的なもの
として解釈して製作されていたので、こちらもマネしてみようかと思います。

       

まずは、腰サイドのアーマー部を切り取りました。このサイドに付けるモノに何を流用しようかしばし、思案して(^^;)
!!とひらめき(^_^;)MIAのジャンクパーツBOX?を漁ってみたら・・・ありましたありました!!

   

左画像のパーツです。MIA歴が長い人はすぐわかりますよね?(^_^;) シールドに燦然と描かれた402の数字!!
そうです。これは、高機動型グフとリックグフを製作したときに余ったジョニライ専用高機動型ザクのシールドです(^^;) 
こいつを適度な長さに切断して両サイドに取り付けることにしました!
いやぁ〜ジャンクパーツってホントにいいモンですね〜♪(by水野春男風に)(^^;)

 

こんな感じになります。最初何もモールドがない方を表側にしようと思ったんですが、なんかモールドがあった方が、
カッコイイ感じがしたので、シールドの裏面を表にすることにしました。フロントアーマー部分は、パテを継ぎ足して
形状を変えるかプラ板で作り直すか思案中です。
で・・・次に下の画像の丸い物体は腹部分の球体関節なんですが(^^;) 



この腹??の球体部分もどうするか悩みのネタ・・・じゃなかったタネでした(^^;)
何か流用できるものはないかと色々探したんですが結局見つからず、仕方ないのでエポパテを手の平で転がして
丸めて造りました(;^_^A ちなみにこんなモノまで流用できるかも??と思って、100円ショップで買ってしまい
ました。このキャップの丸い部分が、おっ!!もしかして・・・って感じだったんで(爆) でも、このエポパテ転がして
造った球体部分もなかなかの真円度かも(笑)

   

ボディ3点パーツ!まだまだスカート部、球体??部、胸部と造形しなければなりませんが、今回はここまで(^^;)
というわけで?次回は、仕切り直しの脚部パーツと、ボディ部分の改修に入ります!お楽しみに〜!



         TOP/MENU/