量産型キュベレイ 製作記
       ワンオフの量産型?計画!




                       両機の比較画像
   
 
さて、MIAキュベレイMK−U改造、量産型キュベレイ製作もいよいよ佳境に入りました!
当初、前回の製作記の仮組が最終仮組になる予定だったんですが、設定画を見てる内、どうしても気になる部分が
でてしまい、さらに改修することにしました(^^;)

  

それは、キュベレイの装甲各所にあるピンクのスリットなんですが、試作型(通常機)のキュベレイはスリット部分が
凹になっています。対して量産型キュベレイはスリット部が凸。
大幅に?形状変更した腕部のスリットは凸にしたんですが、スネフレアのスリット、凹のままだったんですね。
(画像左参照)
そこで、右画像のように凹スリットをエポパテで埋め、さらにエポパテで凸状のスリットに変更しました。
まあ、他にも違うところは色々あったりするんですが(;^_^A 

  
                 

パテが硬化するまで待つ間に、他のパーツすべてに再びサフを吹きます。
造形が済んでサフ吹きした頭部パーツのトサカ部分にピンバイスで穴をあけ、これまた量産型の特徴共言える
頭部センサーアンテナを取り付けて上半身を仮組!う〜ん我ながら
精悍な凶悪ヅラです(^^;)
ちなみにアンテナは、だいぶ前にMIA用に買った??タミヤの兵隊武器セットの機関銃台座の足のうちの一本(^^;)
を使用してますが、もしかしたら真鍮線かなんかに変更するかもしれません(^^;)

  
                 画像クリックで各拡大画像が見られます! 

スネスリット部の表面処理終了後、サフ吹きしてついに・・・というかやっとこさ正真正銘、最終仮組となりました(^^;)
これで3度目の仮組です(^^;)・・・ 
てか、パーツが出来上がると、嬉しくてついつい全体像が見たくなっちゃうんですよね(^▽^;)>゛このままスリット部分
を白く塗れば、クインマンサに率いられた初期型?の量産型キュベレイになりそうす(^^;)
サフチェックが無事??済み、いよいよ塗装に入るわけですが、今回は機体がキュベレイってことで?パール塗装
にチャレンジしてみることにしました!

ネットで色々調べた結果、MG/FGパールとボークスのシャインパールが概ね評判が良かったので、最初MG/FG
パールのFGパープルでも使おうかと思ったんですが、どうもFGはMGほど粒子が細かくないとのウワサ(^^;)だった
のと、ホワイトパール系のMGパールをブルー系に使うと色が濁るとのウワサ(^^;)もあったんでボークスのシャイン
パール、ブルーとパープルを購入。

           

そしてプラ板のテストピースで色味を検討。ダークブルー・パール系かパープル・パール系路線で行こうと決めて
いたので、まずは左からブルー・パール、ダークブルーパール、パープルパールを調合して吹いてみました。
ブルーパールは明るすぎて×(^^;)、真ん中の色はまあまあだったんですが、製品版のキュベレイMK−Uと似た
ような色なんでこれも×(^^;)パープルも・・・・×(^^;)??で色々悩んだ末、真ん中のダークブルーの色味と右端、
パープルの中間辺りの色味に決定!

                       

この色が調色して出来た色。
(ちとウェブ上だと、PC、モニタの種類、設定で色味が違って見えるかもしれませんが)
[シルバー]→[スーパーシルバー]→[クリアブルー+クリアレッド少々(^^;)+シャインパール(パープル)]の順
で吹き、さらに[スーパークリアーU+シャインパール]でだめ押ししました(^^;)
光の当たり具合によって、パープル→ブルーパープル→ダークブルーと変化して見えて、すごく綺麗!
名付けて!「ミッドナイト・パープルパール」!いい色だぁ( ̄▽ ̄)

     
                  画像クリックで各拡大画像が見られます!

塗装中の図!狙ったとおりの色味が出て、嬉しいです(^^) パール塗装後はさらにツヤを出すため、自動車用クリア
でオーバーコートする予定です。

    
                                      右画像クリックで各拡大画像が見られます!↑

さて、塗装面が硬化するのを待つ間、最後に残った工作、背部アクティブキャノンのエネルギーパイプを取り付け
ます。といっても、位置決めして穴をあけるだけなんですが(;^_^A エネルギーパイプには、初めスプリングパイプを
使用する予定でしたが、飛行形態時の収まりが良くなさそうだったんで、リード線に変更しました。

え〜・・・本当は、本日(2004年8月15日(^^;))クリアーオーバーコートを始める予定だったんですが、昼間雨だった
ため、ボディ上半身その他パーツの塗装を進めました(右画像)。なんかオーディオのパーツみたいです(^^;)
塗装レシピは上半身、肩部分がバーントアイアン+ネービーブルー+フラットブラック、腕接続部はアクセントとして、
ゴールドリーフ、その上部にあるスリット?はチタンシルバー、肩部分動力パイプ、メタリックグレー、胸部装甲板は、
黒鉄色+ネービーブルーで塗装。
アクティブキャノンは黒鉄色+フラットブラック、マイナスモールド部、ゴールドリーフ。

右画像に写ってる
マニピュレータはHGキュベレイ用のHDM(クリックで画像表示)です。次お題のマラサイの素材を
探してる最中に衝動買い(;^_^A これの加工に意外と難儀しました。↑の画像で外側にMIAキュベレイのマニピュ
レータを比較のために並べましたが、大きさがほぼおんなじでした(^^;) こうして見ると、MIAのマニピュレータも
なかなか捨てたもんじゃないですね。指先端が尖っていないくらいで、HDMとあまり変わらないです(;^_^A
少なくとも、HGキット付属のマニピュレータよりもMIAのパーツの方がマシなのは確かです(^^;)

 
                  

塗装した上半身パーツを仮組してみました!
やっぱゴールドをワンポイントでアクセントにしたのは正解だったかも(^^) このキュベレイ、オールグロスのピカピカ
仕様ではなく、要所要所でグロスとセミグロスで塗り分けています。いわゆる耐ビームコーティングの装甲部分は、
パール塗装のピカピカグロス、その他メカ部分はセミグロスとしました。私的にはオールグロスよりもその方がリアル
感が出ると思ったんで(^^;)
次はいよいよグロス部分の仕上げ、クリアオーバーコートと細部の塗装を施して完成です!


         TOP/BACK/MENU/NEXT