量産型キュベレイ 製作記
       ワンオフの量産型?計画!




                       両機の比較画像
   
 
  

さて、いよいよ量産型キュベレイ開発も大詰め!頭部の改造に入ります。取り敢えずそれまで盛ってあったパテに
加え、量産型の頭部にさらにパテを盛り、大まかな形状へ成型しておきます。
イメージとしては、通常機のキュベレイにヘルメットをかぶらせた?感じでしょうか。

後頭部の部分ですが、最初パテで成型したものの、いまいち上手くいかず、何かいい方法はないかと思っていた
ところ、不要になったキュベレイのヒザアーマーの尖った部分が使えそうな気がしたので、試しに切り取って頭部
前部と合わせてみると、(画像左)なかなか感じよかったんで使うことに(^^;) これぞまさしくリサイクルだ!

         

それと平行して、脚部スカート部の形状変更も進めます。キュベレイ通常機は、スネのスカートのフチのラインは
曲線ですが、量産型は直線的なので若干延長&ライン修正してあります。

 

前回の仮組時より変更した所は、腰のフロントアーマーの取り付け穴の位置を約5ミリ下へ下げました。
元の取り付け穴はパテで埋めてあります。あとは、両肩?部分MIAのキュベレイではセンサーのようなものが
付いていますが、その部分を削り取り、パテで形を整えています。両機の設定画をよ〜く見比べてみると、
通常機のキュベレイにはありますが、量産型にはありません。ちなみにガンプラではHG、MG共に再現されて
いません。ちなみに、今回の改造ベースになったMIA キュベレイmk-IIエルピー・プル専用機 ですが、HGキットの
キュベレイMK−IIよりもディティールが精密でオススメの逸品です!

  

頭部に盛ったパテをペーパーで少しづつ削りながら、量産型の頭部形状に近づけていきます。

   

上半身に仮組してみると、う〜ん・・・我ながらいい感じです( ̄▽ ̄) 画像ではちょっとわかりにくいですが、
顔サイドの頬当てのような部分から斜め上に向かってエッジラインを出してあるのがわかるでしょうか??

  

次は、ガンタンクの砲身部を流用するか、プラ棒で作り直すか最後まで悩んでいたアクティブキャノン砲身部です。
結局ガンタンクの砲身をさらに加工して流用することにしました(^^;) ただそのままだと、長さも少し長すぎるし、
インパクトが足りない??ということで、15ミリほど切断して短くすると共に、先端部分にウェーブのバーニアパーツ
を使用して砲口をつけることにしました。バーニアパーツの裏側をピンバイスで開口しそれを先端に接着します。

        

こんな感じです!あと、この部分は動力パイプ追加がまだ残っていますが、それは塗装終了後に取り付ける
ことにします。


                     画像クリックで各拡大画像が見られます!
これが最終仮組状態です!この後サフ吹き→塗装工程に入ります。
では!次回の更新をお楽しみに〜(^o^)/~

         TOP/BACK/MENU/NEXT