量産型キュベレイ 製作記
       ワンオフの量産型?計画!




今年に入ってからリックグフ・ツヴァイ製作終了後、次は何を造ろうか??と色々考えておりました。
やはり好きな機体で、オラ設定でないものを造ろうと思い、まず候補に挙がったのがリックドム・ツヴァイです!
そこで、パーツを流用できるか確認するために、旧1/144キットのリックドム・ツヴァイを製作してみました。
が、その結果、
久々にプラモ組立の面白さを思い出してしまい(^^;) ドム系でやはり好きな機体、
ZZシリーズに登場したドライセンのキットが欲しくなり(^▽^;) 入手。
そのままドライセンの製作に突入!
道を踏み外してしまいました(^▽^;)>゛
さらにアクシズつながりで
ドーベン・ウルフまで購入!しかし・・・・最近常連になって
頂いたsheenさんの素晴らしい数々のMIA作品に影響され、ここらでMIA改造がテーマ?のサイト管理人として何か
造らねば!!と(;^_^A 最初はリックドム・ツヴァイを造ろうかと思いましたが、もっと短時間で作れそうな機体は
ないかと考えた末、
なんとなくドムより簡単そう!って安易な理由で量産型キュベレイに決定しました。

   

しかし・・・あらためて設定画をよ〜く見比べてみると・・・・うっ!!
かなり違うじゃん( ̄◇ ̄;)
迂闊でした...
もしかして
こっちの方が難しい?!が、あちこちで宣言した以上やらないわけには(^▽^;)>゛
こうして??量産型キュベレイの開発がスタートしました(^^;) ベースはもちろんキュベレイMK-Uです。
そして、いつものごとく脚部から・・・・

          

量産型キュベレイとハマーン機、mk−Uの脚部膝下部分の相違点ですが、つま先、足首形状、スネ後部の
ダクト?部が異なります。
スネ部分の基本的な形状は量産型とハマーン機、mk−Uともほぼ同じなので、ここはそのまま使います。
設定画を見ると、一見、量産型の方がスネのスカートフレアが大きく見えますが、実際には同じ大きさです。
ハマーン機やmk−Uは足首のかかと部分が下にいくにつれて幅が広くなっていきますが、量産型キュベレイは
広がらずストンとカットされています。つまり、足首の幅が他のキュベレイより狭いため、スネのスカートフレア部分が
大きく見えるのです。

          
                       足首後半は、これだけ幅を詰めています

まずは足首つま先の跳ね上げ、足首の幅詰め、かかと部分のスラスター大型化です。
つま先は先端をカットしたあと、上に向けてエポパテで接合。足首は、サイド部外側を8oほど切断し、切り口を
パテで成型して、切断部から切り出したスラスターを埋め込んでいます。足の甲の凸部もパテで造形。

   

かかとスラスター部分には市販パーツのダクトを付け、その周りをパテで成型しています。
スネ部分はサイドのスカート部分根元にスジ彫りを施し、後部のダクトは一段分切断しました。
比較のためにハマーン機の足を並べてみました!
ヒザのアーマー部は、ノーマルヒザ・アーマーのジョイント部を切断、その部分にパテで成型したヒザ・アーマーを
取りつけました。太股は量産型も形状が同じで、違いはセンターにモールドが入ってるだけなので、太股部分は
スジ彫りの追加のみです。

        

スカートフレア部分前端は若干延長しています。今回初めてMIAにスジ彫りをしてみたのですが、やはり塩ビでは
かなりやりずらく、きれいにできませんでした(T_T) 何か上手くできる方法を考えてみます、今後の課題ですね。
脚部の改修はこれで終了です!次は腰部分の改修作業に入ります。

          

脚部の改修が一段落?したところで、腰のスカート廻りの改修に入ります。
スカート部分はキュベレイ、量産型ともに同じなので、弄るのは形状の異なるフロントアーマー部分のみです。
キュベレイがのぺっとした感じなのに対し、量産型はシャープな形状をしています。キュベレイのパーツをベース
にして、上の画像のマスキングテープでマーキングした部分を切り取ります。

          

左側の画像のように左右を切り取って幅を詰め、シャープな感じにします。それをベース心材にして、右側画像の
ようにエポパテでフロントアーマーのおおまかな形状に造形していきます。
ハマーン機やMK−Uのフロントアーマーが平べったいのに比べ、量産型は盛り上がってシャープな感じです!
よ〜く見ると多少いびつですが(;^_^A ;細かい修正はまたパテが硬化してからと言うことで(^^;)
パテが硬化するのを待つ間、腕部の製作に入ります。    次のページへ

         TOP/MENU/NEXT