MIA ソードインパルスガンダム


前作SEEDからの直接的な続編。前作は地球連合が開発したガンダムでしたが、今回の主役機(?)のインパルスは敵軍ザフト開発の機体となっています。第一回目を見る限りだと、"地球連合vsザフト"から"オーブvsザフト"に移行してるみたいです。地球連合は疲弊しちゃって相手にされてないんですかね。

インパルスガンダムは追加武装で機体のカラーリングが変わるそうで。初登場時はソードでしたので、それに合わせてソードをトップバッターに持ってきました。ということは、常になんらかの追加武装を付けてることになるんでしょうか?

ストライクにもあったソードとブーメランを、一対ずつ用意した近接戦闘向け装備。大きなソードがイカス。ブーメランは、胸にあったらブレストファイヤー出しそうな形状してます。ブーメラン携行のためのパーツが、バックパックからポロポロ取れてしまいます。これってうちの機体だけかな?(クリックで画像拡大)。
なんとなくのストライクとの比較。全体的に細身になってます。テレビのオープニングではルージュやフリーダムなんかも登場してたので、主役機揃い踏みが見られそうです。

インパルスガンダムにはコアブロック機構が設けられており、パイロットは戦闘機コアスプレンダーに乗り込んでガンダムと換装します。ガンダムも上半身と下半身に分離でき、第一回目の放送でさっそくAパーツ、Bパーツ、コアスプレンダー、追加武装の合体シーンを見せてました。この機構が今後どう活用されていくか楽しみです(クリックで画像拡大)。
ヒジやヒザが二重関節なのはもはや毎度なことなのですが、本モデルでは腕が大きく左右に広がるようになってます! 肩のボールジョイント連結の切り込みを大きく取っているのと、肩アーマーが可動をジャマしないように袖口(?)が開いているおかげです。肩のスイングはいつも課題だっただけに、これはうれしいです。

ヒザも良く曲がります。ヒザ当てが前に突き出ているせいか、片ヒザ立ちや正座もなんなくできてしまいます。それだけに、足首の可動がいまひとつなのが残念です(クリックで画像拡大)。


BACK/HOME/NEXT