MIA ゲイツR


ジン、ゲイツに代わるザフトの主力量産型モビルスーツ。前モデルであるゲイツと比べると、バックパップサイドのの大きなバーニアがなかったり、シールドの形状が変わってたり腰の武装がレールガンに変更されたりとマイナーチェンジが施されてます。

でも私的にはゲイツってあんまり印象に残ってなかったり…。DESTINYでも宇宙にいたときしか出てなかったから印象薄いなあ(クリックで画像拡大)。
背面。バックパックはとくに可動ポイントはありません。取外しもできません。無理やりはがせば取れそうですけど。サイドの穴が別パーツで埋められているので、もしかしたら別武装バージョンとか出るかもしれません。でも、それも主役陣が宇宙に戻ってからの話だろうなあ。

付属のシールドには、腕に装着するマウントと保持のためのグリップが付属。設定上ビームサーベルとしても使用できるため、先っちょに付ける刀身が用意されています。このギミックのためか、シールドをマウントする前腕部分が回転するようになっています。左下の写真を見ると、シールドマウント部分が移動しているのがわかると思います。

おかげでシールドを思った角度で構えられていい感じ。ゲイツR自身が持っている機構なのかはわかりませんが、今後のモデルでも参考にしてほしいギミックです(クリックで画像拡大)。
シールドをマウントさせるホールドは両腕に用意されています。シールドのほかに何か付けられないものかと、試しにやってみたらジンのミサイルポッドが普通に装着できました。両腕に付けてゲイツヘビーアームズ! 案外カッコよかったりして(クリックで画像拡大)。
レールガンは収納状態だとこんな感じ。折りたたんだ砲身の間にスキマができるのはちょっとカッコ悪い。レールガンは腰とボールジョイントで連結されていて、前後のスイングのほか、ほんの少しだけ横に広がります。フリーダムのように幅広でないぶん、ジャマな印象はないです(クリックで画像拡大)。
レールガンを伸ばすと砲身の後ろ側がバックパックに当たってしまいます。そのため水平に構えられません。可動域の最後まで伸ばさないで、途中で止めれば済む話なのですが…。機体の設定上ではどうなってるんでしょう?

途中で止めたほうがレールガンの方向も結構自由に調整できますから、写真右が基本かな(クリックで画像拡大)
レールガン展開状態。ブラストやフリーダムだとグリップがありましたがゲイツRにはありません。なんだ、なくてもいいじゃないか。だったらこっちのほうが両手が空いてなんぼか便利なんじゃないのか?

ジンと比較するとゲイツRのほうが少し小さいです。ゲイツRのほうが細身なのでよけい小さく見えます。データシートでもジンのほうが大きいようですが、これって頭部のトサカ込みなのかしら…。

腕があまり横に広がりませんが、デキはよいです。最近は肩のスイングよりも足首の可動範囲が気になってます。ゲイツRも足首の可動がいまひとつ。もう少し前方向に動けばまた違うのになあ。残念です(クリックで画像拡大)。


BACK/HOME/NEXT