MIA インフィニットジャスティスガンダム


ザフトから脱走し、アークエンジェルへ逃れたアスランにラクスから与えられた新たな機体。名前と風貌から予想するに、前作に登場したジャスティスを基に開発されたものと思われます。

あんまりかっこよくない後ろ姿。リフターの翼はもう少し収納できてもよかったなあ。リフターの機首とビーム砲は折りたたみできます。翼のビーム兵器(ガイアのウイングにあったやつ)は再現したかったですね。

リフター収納時は特にどこかしらのジョイントで固定しているわけではないので、連結パーツの保持が弱いとプランプランになりそう(クリックで画像拡大)。
リフター展開状態。両肩のビーム砲の土台パーツで∞胴体に固定させます。リフター底部にある連結パーツにはスライド機構が設けられており、上下いっぱいまでスライドさせるとカチッと固定できるようになってるみたいです。

両肩に来るビーム砲はそのまま前方に向けると頭部のアンテナに当たってしまいます。機首は展開上程でもある程度可動。ちょっと上げておくとZガンダムのスタビライザーみたいでかっこいい、かも。

シールドは実体部分とビーム部分の取り外しできるようになっています(クリックで画像拡大)。
右写真はリフター収納時の連結パーツの位置。上の写真と比べると、付け根部分の位置が移動しているのがわかります。クリック感があるので、ココまでだと思ったらもうひと押ししてみましょう(クリックで画像拡大)。
背中のリフターは劇中設定とおり着脱できるようになっており、リフター底部にはグリップも用意されています。なんかエルガイムを思い出すわ。連結用のパーツは凹み部分に収納されるので案外ジャマになりません。

リフター機首は、ラムみたいに突撃するための刃だと思っていいんですかね(クリックで画像拡大)。
シールド一部にはビームの射出口があってサーベルとして使用可能。このサーベルはグリップ部分を取り外しできるほか、射出口の向きを変えればブーメランとしても使えるようになっています。宇宙で投げたらそのまま戻ってこないような気もしますが(クリックで画像拡大)。
さらに∞独特の攻撃スタイルとして、スネ部分にビームサーベルのような仕込み武器が用意されています。ガイアやリフター主翼にあるビーム兵器の応用ですが、めちゃくちゃ近接戦闘向きですね。回し蹴りで敵MSの首が飛びそうだ。

腰のビームサーベルを抜刀できますが、ナギナタ状にできないのが残念なところ。OP的ではかっこよく決めてるのに。ストライクフリーダムにも付いてませんでしたが、ナギナタ用のグリップって作るの大変なんでしょうか(クリックで画像拡大)。
いろいろ感想。左下の写真を見るとわかりますが首が長い。リフター展開時を考慮して長くしているのだと思いますが、なんかいびつです。それの都合かアゴを引くこともできなくなっています。切り詰めるならついでにその辺の修正もするとよいでしょう。

重いリフターのおかげで、飛行状態でディスプレイできるスタンドがついているのは嬉しいですね。今後も自立のバランス関係なくつけてほしい。ただ、今回ついているスタンドで飾ると微妙にナナメ上を向いているようになってしまいます。せっかくだからちょっと下向きになるようにしてほしかった(クリックで画像拡大)。
可動域は可もなく不可もなく。腰もある程度回転するし足首の可動もそれなりだと思います。片ヒザ立ちもなんとかできるし。

これでリフターが軽ければ言うことないんでしょうけど、そういう人は「プラモデル買ってね」てことかと思います。あ、この∞はこれまでの製品と価格が高いのでご注意ください(バンダイ設定価格で2100円)(クリックで画像拡大)。


BACK/HOME/NEXT