MIA デスティニーガンダム


主人公シン・アスカが乗り込む機体。インパルスであった3つのシルエット(フォース、ソード、ブラスト)を統合した風に見えますが、ソードもビーム砲も1本になってしまったので、むしろストライクの強化版に見えますね。

背面の武装は取り外し可能。連結アームの凹凸はそれぞれ異なるので、左右を入れ替えて…なんてことはできないみたいです。

背負ってるウイングは2枚構成になっていて、それぞれ独立して可動。あまり広げると間が大きく開いてしまうのでちょっとカッコ悪い(クリックで画像拡大)。
手首を差し替える時は籠手も取り外します。これがポロポロ取れてイライラすることも。ビームシールドを取り付ける籠手のみ、手首と一体になっているようです。デスティニーの特徴的な武器に手のひらから撃ち出す「パルマフィオキーナ」があり、その攻撃ポーズを再現するため平手が左右ぶん付属しています。ビーム口のモールドもしっかり再現。

実体シールドは下部の差込位置を変えて展開状態にできます。あまり大きさは変わりませんが。

両肩にあるグリップは、ビームの長さを調節することでブーメランやサーベルになります。ビーム部分を差し込む際、向きを間違えると刃の角度が変わります(クリックで画像拡大)。
右に背負った長剣「アロンダイト」。差し替えナシに収納状態から展開状態へ移行できます。長くて迫力があります。ビーム部分で刀身と鍔を支えているので、可動部分でヘニャリと曲がらないのがいいですね(クリックで画像拡大)。
一方のビーム砲も同様に展開可能。グリップ部分が回転するのは珍しいかも。背中の携行パーツにつけたまま構えると、ヒジをかなり曲げる必要があり、正直カッコ悪い。

携行パーツからは外してしまったほうがポージングはしっくりきます。下2枚はどちらもそうです(クリックで画像拡大)。
前述したビームシールド。やっぱり手首につけるとポーズの幅が広がるなあ、と再確認しました。

ビームライフルは添え手用のグリップとスコープが可動。腰後ろの凹に対応した凸があり、携行ができます(クリックで画像拡大)。
たくさん武器が用意されていてポージングが楽しいです。長剣に比べビーム砲が妙にスリムなのはなんか寂しい。ウイングは基部部分にもうひとつ可動がほしかった感じ。頭部はもう少し後ろでもよかったような…。

肩のサーベルグリップは凹凸で差し込んであるだけなので、ちょっとした衝撃で外れてしまいます。暑いせいかしら。腰があまり回転しないのでひねったポーズを取らせづらい。足首の可動がいまひとつで、接地性がよくない感じ。背中が重いのも、倒れやすいのに影響している?

なんか不満点が多く見えますが、手に取って楽しい一体であることは間違いないです。ちょっとした改造をすれば、もっとよくなるんじゃないかしら(クリックで画像拡大)。


BACK/HOME/NEXT