MIA ブレイズ/スラッシュザクファントム


まずはブレイズザクファントム。ブレイズは背中に背負っているウィザードの名称です。どんなウィザードを背負っているかによって名称が変わるみたいです。ていうか、作戦行動中は機体固定番号かパイロット名で呼ぶのだと思うのですがどうなんでしょう。

ウィザードの大きなバーニア(?)は中央パーツとボールジョイントで連結しており、案外グリグリ動きます。ただ、肩や肩のシールドと干渉してしまうため固定させづらいです。噴射口部分の上下カバーや先端のミサイルポッドカバーが可動します(クリックで画像拡大)。
腰後ろアーマーのホールにはビーム突撃銃を携行できます。その際、銃身側のマガジン装填部分を垂直にして、モビルスーツやウィザードと当たらないようにします。

下はウィザードとシールドを取り外した状態。すっきりしてますね。(クリックで画像拡大)。
腰をグルッと囲む形で動力パイプが配置されており、腰アーマーはそれに蝶番のように取り付けられています。そのため、写真のような大開きが可能。ちなみにサイドスカートについているのはハンドグレネードです(多分)。取り外しはできません(クリックで画像拡大)。
ウィザードのミサイルカバー。開閉できますが開いた状態での固定は難しいです。指を離すとパタンと閉じちゃうし、開きすぎると外れちゃうし…。私の機体だけ?

ビーム突撃銃のマガジンは取り外しできます。シールド内側についているのもマガジンなので、装填中のポーズをつけられてかっこいい。

ビーム突撃銃のほかにビームトマホークが付属。設定上はシールド内に収納されてるみたいですが、製品ではできません。ついでにジンの重斬刀も持たせてみました。(クリックで画像拡大)。
銃火器用保持、通常の保持手が両手ぶん用意されているので、ジンのバズーカを持たせてみてもいいかも(クリックで画像拡大)。
こちらはスラッシュザクファントム。ガトリングのついたウィザードがなぜスラッシュなのか…。もしかして手持ち武器(ファルクスG7ビームアックス)も込みになってるんですかね。

機体が青いのはこれがイザークの機体だから。ファントムは中隊長機らしく、搭乗するパイロットのパーソナルカラーに塗られるのが基本みたいです。

ちなみに白はレイのパーソナルカラー。ファントムに乗っている以上レイも本来なら部下を従えて出撃できる階級なんでしょうけど、劇中ではとくに誰かを配下に置いてる感じはしないですね。シンもルナマリアも単独行動っぽいし(クリックで画像拡大)。
ファルクスG7ビームアックスは、携行時の短い状態に差し替えで再現できます。ちゃんと腰にも取り付け可能。グリップ部分は硬質素材なのでグニャリと折れ曲がったりしません。

このほかに、ブレイズと同じくビーム突撃銃とビームトマホークが付属してます(クリックで画像拡大)。
ザクファントム総評。足首まわりの可動がいまひとつで接地性が悪い。ブレイズウィザードが重くて重心が背中にいってしまい、自立が案外難しい(スラッシュはそうでもないです)。肩シールドの連結パーツがあるためか、肩があまり広がらない。

それ以外は良好です。首も腰もよく動きます。なにより腰まわりのスカート処理が最高。今後もぜひ参考にしてほしいですが、今回は動力パイプがあるからできた芸当だと思います。もったいないなあ。

あと、これは個体差かもしれませんが足首の関節が緩いです。私の場合はブレイズ、スラッシュともにユルユル気味でした(クリックで画像拡大)。
見ればわかるかと思いますが、ブレイズとスラッシュでシールドの取り付け方を変えてます。ブレイズがパッケージどおりで、スラッシュでは取り付けパーツを上下逆転させてます。どっちでも見た目はあまり変わりませんが(多分)、逆に付けたほうがシールドを横に広げやすくていい感じです(クリックで画像拡大)。


BACK/HOME/NEXT