MIA ブラストインパルスガンダム


インパルス第三の武装ブラストシルエット。装着するとインパルスのボディは黒を基調としたカラーとなり、重厚な雰囲気が生まれます。

ミサイルポッドにビーム砲、レール砲と、射撃重視のスタイルとなっています。説明書を見たところ、頭部の左右に下りてくる砲塔がレール砲、ワキに構えるランチャーがビーム砲らしいです。(クリックで画像拡大)。
背面。長い砲身ですねー。下についちゃいます。もっとも、おかげで後ろに倒れずに済むわけですが…。正直、砲身で支えないと自重ですぐ倒れちゃいますよ。結構重いです。

ビーム砲による攻撃のときは引き出したグリップを握るわけですが、ミサイルとかレール砲ではそんなものはありません。だったらビーム砲だって、ホントはグリップ必要ないんじゃないかと思ったり。下のような写真のスタイルでも十分なんじゃないかと思ったり。

こっちのほうがかっこいいような…(クリックで画像拡大)。
ビーム砲の砲身にはジャベリンのグリップが収納されていて、写真のように取り出せます。設定上は連結できるらしいですが、製品では強度のためか単体2本と連結状態1本を別個に用意してます。

ジャベリンに取り付けるビーム部分もふたつ用意されており、これを両手に持つとこんな感じ(写真左下)に。連結パーツを持たせると写真下のようなポーズを楽しめます。もちろん連結パーツの両端にビーム部分を取り付けることも可能です(クリックで画像拡大)。
というわけでインパルス3武装揃い踏み。劇中では、インパルスが量産されない限りまず見られないであろう光景です(ちょっと残念)。こうして見ると、カラーリングがガンダム、ガンキャノン、ガンタンクに似てるんですね。いま気づきました。役割は微妙に違いますが(クリックで画像拡大)。

で、ブラストシルエットフライヤーですが…、もはや飛行機に見えない。まあ、飛行機なのに空を飛べるように見えないというのはVガンで経験済みなのでかまわないのですが、ソードシルエットフライヤーと見た目が似てしまったのは何とかすべきだったと思いますよ。

こんな感じ(写真下)はいかがでしょうか。飛行機というより水中翼船みたいになってしまいましたが…(クリックで画像拡大)。


BACK/HOME/NEXT