MIA ストライクルージュ


物語の終盤(?)で登場したカガリ専用ストライク。いろいろあってナチュラル用にチューンされ、カガリでも扱えるようになりました。あれ? カガリもコーディネーターなんだっけ? この辺りは飛び飛びで観てたから、よくわかってないんですよ。付属してるバズーカも見覚えないし…。
基本は前出のエールストライクと同じなので本体の説明は省略。バズーカは大きくてボリュームがあっていいのですが、マガジンがじゃまをして肩にかけるのがしんどいです。ドムのラケーテンバズみたいに、グリップ部分が可動すればよかったのになあ、と思いました。グリップがスライド移動するのはいいアイデアだと思うんですけどね。でも、支持グリップがポロポロ取れやすいのは困った。

バズーカ横についてる突起はUS版のなごりですかね。ホントはプラスチックの長い弾がついててバズーカの中にスプリングが仕掛けてあって、バキューン、とかいって遊べたんだと思います。砲口穴開いてるし。
ランチャーストライクパックを装備。肩の追加アーマーはいったん前後にパーツを分離させ、ルージュの肩アーマーにある取っ手っぽいスリットを挟むようにして接合させます。

マテリアルモデルの時も思ったんですが、攻撃時の手の位置はムリがある気がします。うまくグリップ持てないですね。もちろん両手で持てます。でも、なんか手がいびつに曲がりすぎてる感じになってしまうためあんまり好きじゃないです。それとも、私のポージングがよくないのでしょうか。
アグニの保持アームには突起が付いていて、収納時にアームがダラリと広がらないように工夫されています。ただ、私の機体では穴が大きくてユルユルなため、あまり意味がありませんでした。凸部を木工ボンドでコーティングしてやれば、多少は改善されるかな?
ソードストライクパック装着状態。追加武装の中では一番のお気に入りです。大きい武器は迫力があっていいなあ。ブーメランもパンツァーアイゼンも可動します。ソードは結構本編でも活躍してましたね。

下の写真を見るとわかりますが、ソードのビーム部分の長さが合わないため、ちょっと弓なりになってしまいます。これは非常にもったいない。ソードも塩ビ材質なのでちょっと強度が心配ですね。下手に持たせて飾っておくと曲がっちゃいそうです。
各種追加武装は、前出のエールストライクガンダムとスカイグラスパーにとりつけが可能。とっかえひっかえして遊べます。というか、コレがなかったらルージュ買ってませんよ。白い機体にソード、ホレボレするくらいかっこいいですねえ。


BACK/HOME/NEXT