MIA ストライクダガー


ストライクの稼動データを基に開発された地球連合初の量産型モビルスーツ。いわゆる通常の兵士(ナチュラル)でも操縦できるように設計されおり、このストライクダガーの登場によって、地球連合は初めてMSを実戦に本格投入したことになります。

それまでは戦車やメビウスみたいな機動兵器で対抗してたんでしょうか(クリックで画像拡大)。
ストライクの量産型という位置づけですが、ストライカーパックの装着はできません。でもなぜか機体には背中の左側に穴が開いてます…。中央の細長い穴はシールドを背負うためのもの。これを用意するんだったら、サーベルラックを取り外しできるようにして各種パックを装着できるようにしてほしかった…(クリックで画像拡大)。
腕とふくらはぎのほか、腰サイドにハードポイントが用意されており、各種兵装を携行できるようになっています。しかし、付属武器のなかで装着できるのはシールドのみ。なんかもったいないですね。なのでいろいろ取り付けてみました。

うーん、どれもイマイチ。このギミックを活用した武器セットがほしいところです。(クリックで画像拡大)。
素体はダガーLなので、可動はきわめて良好。ダガーLのときは足がやたら長く見えたのですが、ストライクダガーではそんな印象は受けません。高さは一緒なんですけどね。

ライフルは添え手用のグリップが可動し、両手持ちがしっかりできます(クリックで画像拡大)。
可動は良好でスタイルもよいだけに、付属武器が少ないのがなんかもったいない感じ。オリジナル武器をつけるとか、それこそストライク、ダガーLの各種ストライカーパックを付けられるようにしてほしかったな。

ところでストライクダガーの両目って、繋がってるのが正しいんでしょうか。手にとってまじまじと見てもよくわかんない(クリックで画像拡大)。


BACK/HOME/NEXT