アドバンスド MIA フォビドゥンガンダム

地球連合が新たに開発したガンダムシリーズのひとつ。思うに、奪取された4機の性能が3機に割り振られたんじゃないかなあ、と勝手に思ってます。で、このフォビドゥンはイージスの代わり。一発必中の強力なレールガンに加え、ビームを無効化するシールドが、劇中のMSと言葉としてのの"イージス"ふたつの意味を備えてるような。

大きなバックパックを背負ってますが、可動は案外良好です。安定性もいい感じ。レールガン発射ポーズをつける際はバックパックの移動がちょっとめんどいですが(クリックで画像拡大)。
レールガン発射状態。劇中では初登場時くらいしか見なかったような……。ヒジ、ヒザは二重関節、腰の回転や首の可動も良好です。それだけに、腕や足が左右に広がならないのが残念(クリックで画像拡大)。
バックパックが結構思ったところに固定できるので、左右のゲシュマイディッヒ・パンツァー(難しい名前だな)の展開と合わせて、ポーズ付けをいろいろ楽しめます

腰が回転することと、首が上下に動くことの重要さをいまさらながら再認識(クリックで画像拡大)。
装備武装として"ニーズへグ"が付属。グリップ部分は硬質なのですが、刃の付け根部分がなぜか塩ビ質。すごい柔らかい。写真みたいな状態で持たせたまま飾っておくと、絶対グニャッと曲がってしまいます。なんでこうするかな。

またグリップが細いせいで持ち手に持たせてもユルユル。刃の重みで回転してしまって、なかなか思う角度で武器を構えられません。グリップの先が太くなっているので、どちらかの手でそこを無理やり持たせればなんとか刃の向きを固定できます(クリックで画像拡大)。


BACK/HOME/NEXT