アドバンスド MIA カラミティガンダム


地球連合の新たなガンダムの3機目、カラミティ。背中に背負ったビーム砲"シュラーク"、手に持ったバズーカ"トーデスブロック"、シールドに装備された"ケーファーツヴァイ"、胸部に内蔵された複列位相エネルギー砲"スキュラ"と、砲撃メインの武器を多数搭載。バスターの代替機っぽいイメージです。ボディカラーが青なせいか、ドラグナーの2号機を思い出す…。

"シュラーク"は差込式。大きくてボリュームがあります。シールドの砲身は固定されていて動きません。ほかのMS同様持たせづらい感じ。バズーカの保持も相変わらず緩いです(クリックで画像拡大)。
腰の前、左右アーマーはボールジョイントではなく、ちょうつがいのようなパーツで連結されています。おかげで大きく開き、可動に支障を与えないようになっています。

太ももには回転機構を搭載。腰も回転しますが、背面の腰アーマーと胴体のパーツが干渉してしまいあまり動きません。ぶつかる箇所を削れば多少は改善できるでしょう。股関節もそれなりに開くので、下半身のポーズ付けは良好です(クリックで画像拡大)。
肩アーマーは、肩に用意されたボールジョイントパーツと連結。胴体と腕の間に肩アーマーが挟まったりしないので、これまでの製品よりも腕が広がるようになってる、気がします。

ジョイントパーツの可動域は、上腕部の切り込みを深くすれば、それだけ腕が広がるようになるみたい。これはけっこう便利な機構っぽいので、今後もぜひ採用してほしいです。腕の広がりという、MSinAction長年の課題がクリアされるかも(クリックで画像拡大)。
肩と下半身の可動が改善されたおかげで、かなり自由にポージングを楽しめるようになりました。足首もそれなりに動くのですが、足の甲を守る装甲がジャマをしています。スネ部分と当たる箇所を削れば多少改善されるので、とっとと切り取るのが吉です(クリックで画像拡大)。
背中のバックパックがちょっと後ろに突き出ているので、バランスは微妙。後ろに倒れやすい感じがします。これはもったいないな。

デュエルの代わりがいないな。まあ、あれは地球連合MSの原型みたいなものなので、ガンダムシリーズが開発・発展した時点でお役御免されたと思ってます。ストライクダガーも開発されたし(クリックで画像拡大)。


BACK/HOME/NEXT