アドバンスド MIA バスターガンダム


長距離支援を目的に開発されたであろうバスターガンダム。腰のサポートアームにランチャーとライフルが取り付けられているほか、両肩アーマーにはミサイルポッドが搭載(カバー開閉可能)されています。ガンダムWに出てきたヘビーアームズを彷彿させますね。

ランチャー、ライフルともにサポートアームに取り付ける箇所と銃身を別パーツで構成。それぞれにグリップがふたつずつ付けており(アーム取り付け用パーツにあるグリップは収納可能)、銃身をスライド移動させることでグリップ位置を調節できます(クリックで画像拡大)。
背面。ランドセルはなんか指揮塔みたいでスッキリしすぎ。

ライフル、ランチャーを保持するサポートアームは案外動きます。砲塔も差し込んであるだけなので取り外しが容易。欲を言えば砲塔連結部分にもう一個回転軸がほしかったな。ちょっと関節がゆるめなのも気になります。

下の画像はアーマー取り付け前の状態。ブリッツで一体成型だった胴体は、腰がプラ製に戻されてます(クリックで画像拡大)。
肩、ボディ装甲が肩の可動を制限してしまうため、腰の武器を構えるのはかなりしんどいです。パッケージにあった両腰に武器をかまえるポーズを取らせてみましたが、実際にグリップは持てないです。多分パッケージでは持っているように見せているだけだと思います。実際右側のランチャーは持たせてないし。

両方を連結させるとなんとか本当に持たせられる感じ。左の写真も実は右側のグリップは使わないようなんですが、構えやすいのでこうしました(クリックで画像拡大)。
サポートアームへの装着する武器を左右逆にすると、グリップを逆に持つような形になってそれなりに構えられます。腰が回転すればもう少し遊びがいもあったような気がするだけに残念。もしかして腰がプラパーツになったのは"自分で改造しろ"っていう配慮なのか…。(クリックで画像拡大)。


BACK/HOME/NEXT