MIA ブリッツガンダム


「黒くない…」が第一印象のブリッツガンダム。Advanced〜版ではこんなに黒くて禍々しいのに。ミラージュコロイドの影響でしょうか(違います)。こうしてAdvanced〜版と見比べると、結構造型に違いがあります。どっちが決定稿に沿ってるんですかね(クリックで画像拡大)。
背面。バックパックの作りがかなり違いますね。MS in Action版のほうが上に大きく伸びてます。バーニアの配置、形状も微妙に異なりますね。可動しないのが残念だなあ(クリックで画像拡大)。
両腕に装備されているトリケロス(右腕)、グレイプニール(左腕)は着脱可能。トリケロスに装填されているランサーダート、サーベルグリップは取り外しもできます。これビームサーベルだったんだ…。すいません、はじめて知りました。

ページ中の写真だとビーム放出部分をシールドにマウントさせていますが、設定上は逆(グリップの柄部分でマウント)みたいです。でもそれじゃかっこよく抜刀できないような気がしたので逆にしました。

グレイプニールを発射した際のリードとなるパーツが付属。でもグレイプニールが重いので、スタンドで支えないと腕が垂れちゃいます。

展開状態のクローは3つに分割されていて、それぞれ接合部の凹凸が異なります。ちゃんと合わせないといけないので注意が必要ですが、これって一体成型じゃダメだったんですかね(クリックで画像拡大)。
最初腰や足首の可動範囲が狭いなあと思ったんですが、強めに動かしたらパキッという乾いた音とともに結構グリグリ動くようになりました。ちょっとビックリした。

よく動くのになぜか物足りない感がします。両腕の武装が固定されていて、無意識のうちにそれを活かしたポージングにこだわってしまうせいなのかなー、と思ってます。デキ自体はいいので購入に問題はないでしょう。

あ、1点。首周りのスキマに余裕がないのため、首を左右に振ると後頭部首筋にあるヘルメットのつばが胴体のパーツに当たってしまい、顔が斜めを向いてしまいます。ちょっともったいない(クリックで画像拡大)。


BACK/HOME/NEXT