MIA エールストライクガンダム


買っちゃいましたよ。MS in Action版ストライクガンダム。Advanced〜はナニがアドバンスだったんだとバンダイ担当さんに聞きたい。こっちのほうが断然デキがいいです。やはりあれをMS in Actionとして括るのは無理があったんですよ。なんだかなあ。

今回のストライクガンダムはエールストライカーパックとスカイグラスパーが付属。これで1500円は案外お買い得だと思います。ランチャーとソードはディアクティブモードのストライクとセットになることでしょう。どうしようかな…。

エールストライカーパックは背中の穴に差し込みます。ちなみにストライクガンダム背面のバーニア口は動きません。それでもってエールストライカーパックの主翼は固定。動くと思って触ったら、もげそうになってアセりました。ご注意。個人的には、ビームサーベルのグリップが太くてかっこいいかなーと思います(クリックで画像拡大)。
ヒジは二重関節で非常によく曲がります。背中のビームサーベルグリップに手が届く(アストレイも届きますが)。

足はグワッと90度近く上がります。ヒザもよく曲がるし、足底もつま先立ちのように伸ばせるので、腰アーマーがめくれること気にしなければ、ヒザ立ちも可能です。塩ビ万歳。

写真ではライフルで体を支えています。持ち手の保持が強いのでこんなこともできます。Advanced〜とは大違い。ええことばっかや…(クリックで画像拡大)。
ビームサーベル用のビームは2本、通常の持ち手とライフル用の持ち手が左右にそれぞれ用意されています。シールドはマウントパーツとグリップがあり、グリップ位置はスライドで移動できます。シールドの持ち手の保持は残念ながら今ひとつ。

頭部が大きく上下に動き、上向きもアゴを引いた状態にもできて表情づけに便利。肩はザク2nd Ver.のような構成になっていて、前後のスイングもできます。肩アーマーがちょっと可動域を殺しているのが惜しいところ(クリックで画像拡大)。
アーマーシュナイダーも2本付属していて、ちゃんと腰のサイドアーマーに収納できます。ただし、収納にはちょっとコツが必要かもしれません。ナイフの切っ先を下にして、横にして開いたアーマーに押し込むように(タテに入れるとユルユルで安定しない)してセットすればオッケーのはず。

付属のスカイグラスパー。コクピット後ろの砲身が回転。ほかに本体下部の前後についているバーニア口(グレーのパーツ)が可動します。エールストライカーパックをセットできるほか、ライフルとシールドもマウント可能(取り付け用のパーツがついてます)。下の写真はマテリアルモデルについているスカイグラスパーとの比較。

ああ。そういえば、うるさいくらいのスジ塗りが今回はないですね(クリックで画像拡大)。
デカイ順に、マテリアルモデル、Acvanced〜、今回のモデル。それぞれ解釈が違ってて面白いですね。今回のモデルが一番細身です。劇中のイメージに近いのはどれなんでしょうか…(クリックで画像拡大)。


BACK/HOME/NEXT