RX-110 GABTHLEY
MIA ガブスレイ

ガンプラ MIA
CONTENTS!
HOME
ガンプラファクトリー
ガンプラギャラリー
MIA ファクトリー
MIA ギャラリー
MIAコレクション
CGギャラリー
オリジナル小説
ブログ
WEBコンペ
LINK

ガンダム アイテムメニュー
フィギュアシリーズ!
MIA G-FIX ジオノグラフィー他!
MIA!! / EMIA!! icon
ガンダムFIX / C.L icon
ジオノグラフィー icon
HCM-Pro icon
US版 MSインアクション!
ガンダムコレクション icon
ガンダムヒロインズ icon
ミニフィギュア icon
大型コレクションケース

ガンプラ

HG シリーズ icon
MG シリーズ icon
PG シリーズ icon
ガンプラ スタンダード icon
ガンダムデカール icon
ガンダムカラー Mrカラー
ガンダムカラー
ガンダムマーカー
ガンダムカラー スプレー
クレオス Mr.カラー
クレオス Mr.メタルカラー
タミヤ エナメルカラー

B-CLUB
ガレージキット
ハイディティール マニピュレータ
改造キット パーツ
ウェーブ Hアイズ
ウェーブ ジョイント PC
バーニアパーツ
ホビーベース 間接技
コトブキヤ ポリユニット
コトブキヤ メッシュパイプ
コトブキヤ プラユニット
プラモ ツール
工具 クラフトツール
プラモ用 筆&ブラシ
エアブラシ コンプレッサー
エアテックス
キャラクター・グッズ/ゲーム
ガンダム ゲーム icon
カードゲーム icon
ジッポライター



連邦製可変モビルスーツ、メッサーラで培われた可変技術が活かされているティターンズの可変MS。
非常に優れた機体であり、メッサーラとの模擬戦では互角に渡り合った。特に格闘戦に秀でており、巨大なムーバブルフレーム・クローは、ガンダムMK−IIさえも戦闘不能に追い込んだ。装備している武装もバランス良く、この時代のMSとしては非凡な機体である。
劇中ではジェリドとマウアーの機体として登場してました。

太い腰周りはよく再現されていますが、ちょっと太すぎ。いや、こんなもんかな…(画像クリックで拡大表示)。
背面。尻尾みたいなスタビライザー(?)は大きく跳ね上がります。また肩のメガ粒子砲は連結+可動軸が設けられていて、結構フレキシブルに動きます(画像クリックで拡大表示)。
ヒジがむき出しの二重関節になっています。劇中でも似たようなモノなので全然オーケー。さらに肩が大きく跳ね上がるようになっていて、これまでの不満点がイチコロに解消されています。さらに肩の連結パーツはボールジョイントになっていて、腕全体が多少前後にスイングするのもポイント。

腰周りのスカートも変形のため前後に開く(?)ように可動します。後ろに回せば足も広がるようになり、可動域が確保されていい感じです。背面腰に見えるグレーのパーツは、変形時にライフルを引っ掛けるパーツです。普段は背中に回っているモビルアーマー頭部に隠れています。

足では太ももに回転軸が設けられているほか、ヒザの可動パーツがボールジョイントで繋がっていて、ここにも回転軸がある格好になっています(画像クリックで拡大表示)。
これまでの製品でも最大角と思えるほど首が上を向きます。いわゆる飛行中のポージングが決まる決まる。襟首の黄色のカバーが一緒に動きますが気にしない!(画像クリックで拡大表示)。
フェダーインライフルのほか、ビームサーベルが2本付属。サーベルグリップは本来なら二の腕のカバー内に収納されているのですが、当たり前ながら製品ではセットできませんでした(画像クリックで拡大表示)。
モビルアーマーへの変形ではヒザ下は差し替え。ココだけ変えると変形途中の状態を再現できます。ガウォーク? クローはあんまり動きませんが、ヒザとアーム部分の連結よく動くのでアクションポーズが案外決まります。

全体的に可動は良好だと思うのですが、腰アーマーが動くせいかどうにもポージングをつけにくいような。足も、可動ポイントが多い割りにはなんか立たせづらいし、足首の可動もいまひとつ。遊び倒していないせいなのでしょうか…。ヒザが前にも後ろにも曲がるので、関節がヘタレるのが心配(画像クリックで拡大表示)。

可変機構は次のページへ!


BACK/HOME/NEXT