MRX-009 PSYCO GUNDAM
MIA サイコガンダム





Zガンダム中盤で登場したサイコガンダム。スケールはビグ・ザム並み、モビルアーマー(MA)形態はまるでサイコロと、登場当時はかなりインパクトがありました。人気があったのかその後サイコガンダムMkIIも登場しています。

MS in Actionでもそのスケール差はしっかり再現。同モデルのガンダムMkIIがまるで赤ちゃんです。ビグ・ザムもそうですが、こいつもよく製品化されたもんだ。

劇中で見られた変形を手首の差し替え以外ほぼ設定どおり行なえるようにしたため、全体的に可動域は少なめ。とくに股関節が大きく広げられないのが致命的です。ビグ・ザムのときみたいに、クリック機構を採用していれば問題ないと思うだけに残念(それぞれ画像クリックで拡大表示)。
前述したとおり、手首を外す以外は劇中そのまま(?)の変形を実現しています。腕部分の前部装甲も、ちゃんと連結可能。そういえばプラモデルでも変形したなあ。下半身のパーツ固定が甘いのか、MA形態にして本体を持ち上げると、足がブラブラしてしまいます。あと頭部のツノがポロポロ取れる。なんとかしましょう(瞬間接着剤で連結箇所をキツくするとか)。

設定どおり変形できるせいか、MA形態だと内部がスカスカ。写真ではごまかしていますが、そこかしこで向こう側が見えてしまう状況です。やっぱりあの変形に意味を見出すのは難しい。こちらのほうが移動時の燃費がいいとかステルス性が高いとか(ミノフスキーにステルス?)にしておきましょう。

そのほかのギミックでは顔の口部分が開閉(サイコガンダムのコクピットはこの部分)。ホントに開閉するだけですが…。シールドが付属。展開翼を内蔵しているせいか、やたら重いです。手は握りのほか、指5本が独立可動する(付け根部分からのみ)タイプが両手ぶん付属しています(それぞれ画像クリックで拡大表示)。
MA形態でガンダムMkIIとサイズ比較。これでも2倍近い身長差があります。こんなビッグサイズ製品の企画がとおるなら、どうせならメッサーラのほうがよかったな。ぜひ出してください(画像クリックで拡大表示)。
サイコガンダムには、パイロット"フォウ・ムラサメ"のフィギュアが付属しています。日本のMS in Actionシリーズで人物モノが出てきたのは初めてです(北米ではすでに何人か出ているようですが)。でも正直いらないです。似てるならともかく似てないし。立たせられないし(グフのヒートサーベルで隙間埋めてます)。

これをつけるくらいなら、ビグ・ザムのときみたいに飛行機モノのおまけつけてほしかったです。Zのときの飛行機ってなんだ。フライングアーマーか。いいねえ。この際(?)Gディフェンサーでもいいですよ。メッサーラにつけてもかまわないので、製品化してください。よろしくお願いします!(画像クリックで拡大表示)
機体データ
連邦軍のNT専用試作型可変MA。
ムラサメ研究所で開発された、連邦軍初の本格的なNT専用機である。ただしビット等の遠隔操作型のサイコミュ兵器は搭載されておらず、火器管制や機体コントロールをサイコミュで制御している。
ミノフスキークラフトやI フィールド、多数のメガ粒子砲などの装備を搭載した結果、全備重量で200tを超える超大型機となった。
攻撃力と防御力において絶大な力を持つ期待であるが、パイロットとなる強化人間の精神状態が安定しないこともあり、その性能が完全に発揮されることはなかった。
またMS形態では腹部に3基、額に2基、両腕の指に計10基のメガ粒子砲を備え、MS形態でも変らず絶大な攻撃力を発揮する。
サイコミュによる機体外からの遠隔操作も可能であるが、この機能も精神を不安定にさせる要素の一つではなかろうか。
あくまでも「サイコミュ制御の機動要塞」であるMA形態が実体であり、広範囲の制圧作戦等通常のMSとは異なる任務を想定して開発されている。
試作2機が製作され、ホンコンシティやキリマンジャロでの戦闘に投入されたが、いずれも撃破されている。

BACK/HOME