AMX-004G QUBELEY
MIA キュベレイ


Zガンダムで、アクシズの指揮を執っていた女性、ハマーン・カーンの機体として登場したMS、キュベレイです。全身がパールホワイトでコーティングされていて、光沢あるボディにうっとり…。画像だとちょっとわかりにくいかも。

ショルダーバインダーが前後2枚に分かれているほか、飛行形態を再現するため首が上向きに大きく可動。ヒザアーマーも動きます。腰も回転した、と思う(それぞれ画像クリックで拡大表示)。
後ろ姿。おしりにあるビットタンク(?)は、付け根部分を中心に大きく動きます(左下の画像でわかるかしら)。ビットはひとつひとつ用意されており、手ではめ込んでいきます。ちょっとしんどかった。

肩のバインダーは下の写真2枚のようにパカッと開きます。肩との連結パーツが大きく回転するので、かなり肩を広げられます。もっと立体的に動いてもよかったかなあ、と思ったけど(それぞれ画像クリックで拡大表示)。
首を上向きにさせたところ。二重関節になっていてろくろ首のように伸びます。普段はくの字に曲がっています。これって作品中もこんな感じだったんかな。手首にはビームサーベルのグリップを収納。手首から出せますが、グリップが短いので持たせるのは難しいです。

ボディ側の腕との連結部分(ベルトが縦に伸びているパーツ)はボディと分離されており、回転や傾きといった動きができます。ただ、正直ココの部分が動いてもなあ、といった印象です。劇中で動いているから、フィギュアでも動くようにしたんでしょうか(画像クリックで拡大表示)。
握りと持ち手、ビームショット(?)を撃つ際の平手が左右に付属。サーベルのビーム部分もふたつ付いています。足首はほとんど動かなかったり足がハの字に広がらなかったりしますが、全体的な可動は及第点だと思います。ただつま先が大きいためやや扱いに難儀します。つま先途中で可動するようなギミックがほしいところですね。

あとカカトがないので後ろに倒れやすい気が。まあ、これはデザインなのでどうしようもないのかも。いや、カカトがもうちょっと後ろに下がっているだけでも違ったかなあ。

マークIIや量産型も出るらしいです。個人的には量産型がほしいかも(色が違うだけなんだけどね)(画像クリックで拡大表示)。
機体データ
アクシズのNT専用試作型MS。
旧ジオン軍のMA「エルメス」の設計思想を受け継いだMSであり、機体制御をサイコミュで行なっている。
ビットを改良した遠隔攻撃端末「ファンネル」によるオールレンジ攻撃が可能で、機体そのものの性能も極めて高い。
両肩のバインダーは可動式で、姿勢制御に使用される。また高速飛行時には腕を収納することも可能である。
試作1号機がハマーン・カーン専用機となり、グリプス戦争から第1次ネオ・ジオン抗争終結に至るまで使用されている。

BACK/HOME