MS-06R-2
MIA ジョニー・ライデン専用 高機動型ザクU




FRONT VIEW

BACK VIEW

SIDE VIEW
ジョニー・ライデン用高機動型ザクMS-06R-2です!
この機体は、まもなく?絶版になりそうなアイテムですが。。。(^_^;) MSVをあまり良く知らない頃、店頭で見かけたときは、なんじゃこりゃ(^^ゞと思ったものですが、今ではザク系の機体の中で一番のお気に入りです!
それなのに、オリジナルMSVグフ高機動型と、
ガトー専用リックグフ製作のために、初代、二代目は開封してすぐにバラバラにしてしまいました(;^_^A こいつは我が家に配備された3機目のR-2です(^^;)

他のRタイプとは異なるデザインの追加スラスターを覆う脚部スカート・アーマーがカッコイイ!!
同じRシリーズの中で、このライデン機と黒い三連星専用機はマツナガ用と武装が違い、バズーカがザク・バズーカからジャイアント・バズになっています。


MS-06R-2 機体データ
全高:18.0M 本体重量:??t 武装:120oマシンガン、ジャイアント・バズ、ヒートホーク

ジオン軍次期主力MSの候補として、ジオニック社が開発した。同じく、次期主力機候補のツィマッド社のリックドムに対抗するため、生産中止されたRタイプの最終バージョン、R-1Aをさらにチューニングした機体である。改良点は、脚部装甲の強化、推進剤搭載量の増加、装甲素材の変更などが行われている。ベースになったR-1AはFタイプのザクとは中身がまったく異なるため、このR-2もザクの外観をしているが、中身はほとんど新型機と言えるほど別の機体となっている。

製作されたのは4機で、グラナダで行われた公開テストではエリオット・レム中佐によって操縦され、最大戦速時の戦闘パターンや機動力は、MS-09Rリックドムなど足下にも及ばないテストデータを叩き出した。
しかし、火器搭載量や耐弾性、戦闘稼働時間、特に生産性が問題視され、正式採用は却下される。
R-2タイプで最も有名なのが真紅の稲妻と呼ばれた、このジョニー・ライデン専用の機体である。

BACK