MS-05
MIA 黒い三連星専用 旧ザク


ガンプラ MIA
CONTENTS!
HOME
ガンプラファクトリー
ガンプラギャラリー
MIA ファクトリー
MIA ギャラリー
MIAコレクション
CGギャラリー
オリジナル小説
商品化希望ランキング
ブログ
WEBコンペ
画像投稿BBS
掲示板
LINK


ガンダム グッズ
CONTENTS!
MIA
ガンダム FIX
ジオノグラフィー
HCM pro
ガンコレ・MFS
ガンプラ HGシリーズ
ガンプラ MGシリーズ
ガンプラ PGシリーズ
ガンプラ スタンダード
B-CULB 改造キット
HDマニピュレータ
ガンダムカラー
ガンダムマーカー
コトブキヤ・パーツ
タミヤツール
ガンダムウェポンズ
ガンプラ資料集
ガンダム ゲームソフト他
HOME

黒い三連星専用機の旧ザク
機体番号03(ガイア機)02(マッシュ機)、06(オルテガ機)の各機体番号違いがあります。

素体となる旧ザクは通常版と同じです。モノアイレールから頭頂部にかけての雑な接合や、替え手がない(持ち手用のみ)のも同じ。太もも外側に動力パイプを繋げるための穴が別パーツかなんかで塞がれているんですが、旧ザクでもそうでしたっけ。覚えてないなあ(手元にないから確認できない)(画像クリックで拡大表示)。
そっけない背面。ランドセルのバーニアが申し訳程度に動きます。今回の型番を知って、改めて三連星の誰がどの番号だったか調べたんですが、彼らっていわゆる通常ザクにも乗っていた時期があったんですね。知らなかった。設定上は今回の旧ザク→ザク→高機動型ザク→ドム……、といった具合だったようです。これも諸説ぷんぷんあるみたいなので、コロコロ変わったりするんだろうな(画像クリックで拡大表示)。
付属している武器類は旧ザクと同じ。ただしシールドにはスパイクが追加されています、と思ったら旧ザクでもついてるじゃないですか!? ギャース!! すいません。武器類はガンメタルっぽい成型色で作られているみたいです塗料の節約?

どうでもいいのかもしれませんが、ヒートホークのベースカラーが旧ザク本体のパープルと同じ色なんですよね。そのせいかちょっと軽め(?)な印象を受けます。自分で塗りなおせばいいんでしょうが……
ZZのお立ち台を使って宙域移動中のポーズ。ああ、ZZ撮らなきゃ。今回の三連星旧ザクとジョニーライデンゲルググ、ともにジオンの紋章や機体番号などマーキングがされています(シールを貼るのではなく、直接塗られている)。今後の機体はこういったおまけが増えていくんですかね。楽しみ(画像クリックで拡大表示)。
機体データ
ジオン公国で最初に完成した実戦型MS。一年戦争時、傑作機と言われた「MS-06 ザクII」の原型となった機体。
動力伝達系や推進剤搭載量などの問題も多いが、宇宙世紀史上初めて小型熱核反応炉を搭載した人型機動兵器を実用化したZIONIC社の功績は大きい。この「MS-05」の生産は0075年よりジオン本国で極秘裏に進められ、同年11月には教育機動大隊が編成され、MSパイロットの育成が開始される。一年戦争開戦時には、「MS-06C ザクII」と共に多数の機体が作戦に参加した。
しかし、主力MSはすでに「MS-06」に移っており、「MS-05」は一世代前の旧式機となっている。その後、新型機が配備されるにつれ、後方部隊や補給部隊に回されることが多かった。

BACK