FA78-1 FA GUNDAM
フルアーマー ガンダム


MSV(Mobile Suit Variation)シリーズより、フルアーマーガンダムが登場です。肩と足底以外の追加装甲が着脱でき、一応ノーマルタイプへの換装が可能になっています。

MSVはこれまでも散発的に出てましたが、今後さらに充実するんですかね。それなら、ぜひとも正式なザクキャノンとジムスナイパーカスタムを出してほしいです。立体化選定はどういう基準でしてるんだろうな(クリックで写真拡大)。
背面のランドセルと肩のロケット砲周りのパーツは一体成型。ノーマルタイプのランドセルもぜひとも付属でつけてほしかったです。シールドとライフルはついているのに。残念。

USで販売されているGファイターとセットになったガンダムを素体にしているらしく、体がAパーツとBパーツに分離します。ちょっとビックリした。でもノーマルバージョンではやたらスマートだから、全体的に修正がされてるかもしれません。それぞれのバージョンを並んで撮影したいところです。

足首では独立したジョイントパーツでスネと足を連結。簡易二重関節機構となり、大きく曲がるようになっています(クリックで写真拡大)。
背中のロケット砲は保持軸を中心に前後と左右のスイングが可能。真正面以外にも砲口を向けられます。今後似たような武器には、ぜひ同じ機構を搭載してほしい(クリックで写真拡大)。
アーマーを取り外した状態。足底が大きいせいかなんかアンバランス。緑のボディーと相まって、なんかカエルみたいな印象。

アーマー未装着時の後姿。ヒジ、ヒザは二重関節ではありませんが、どちらも90度近く曲がります。またアーマーを着けても可動域を損なっていません。やればできるじゃないか、バンダイ。ライフルとシールドが付属。左手用のライフル保持手も用意されており、2丁拳銃を楽しめます(クリックで写真拡大)。
腰が回転したり首が大きく上下に動いたりと全体的に良好ですが、腰の追加アーマー(前後)がふんどし部分と一体になっているため、足の可動がちょっと制限されてしまう感じ(サイドは別パーツ)。最近の製品に比べると足もあまり広がらないかな。

肩が広がらないのはいつものこと。前述しましたが、アーマー未装着時でも飾れるようノーマルのランドセルがほしかったところです。ここまでやったのなら付けてくれてもいいのに(クリックで写真拡大)。

BACK/HOME