RX-93 ν-GUNDAM
MIA νガンダム





1stから続くアムロ対シャアの物語の完結編として製作された映画に登場した機体です。1stに登場した初代ガンダムを、うまくリデザインしてあると思います。劇中では手足がちょっと細くて華奢なイメージがあったんですが、本製品ではそんなことないですね。スマートなかっこよさはそのままに、ボリュームアップを果たしています。

これまでのMS in Action製品にくらべると、デカールが多用されているのがいい感じ。頭部のアンテナも大きくて、伊達男っぷりが決まってます。でも替え手がないのが残念…(クリックで画像拡大)。
背面。大きめのバックパックに、フィンファンネルとバズーカをセットするためのラックが用意されています。バックパックのサーベルは取り外せます。

フィンファンネルは、内部を貫通するような別パーツを使ってお互いを連結させるのですが、説明書(珍しくついてる)のとおり以外の方法ではまずつなげないです。説明書をなくすと搭載できなくなるかも。ファンネルも、反ってたり曲がってたりするのがあったりしてキレイに見せるのは難しい感じ。

下の画像はバズーカをマウントさせたところ。この搭載方法はちょっとカッコ悪いなあ。グリップに手が届かなさそう(クリックでそれぞれ画像拡大)。
付属のフィンファンネルはすべて可動(?)し、搭載状態と攻撃時の形態を取れます。1枚板のようにしたり、折りたたんだ状態にも変えられます。ああ、その辺の画像を撮ればよかったな。

左前腕部に収納されているサブサーベルは、引き出せるようになっています。柄が短いためか、このサーベルを持たせるのは難しいです。

ふくらはぎ部分にはバーニアが仕込まれています。カバーは可動しますが、開いたままで固定はできないみたい(クリックでそれぞれ画像拡大)。
機体データ
一年戦争の英雄アムロ・レイの設計プランをもとにアナハイム社が開発した、連邦軍のNT専用MS。
コクピット周辺に新素材サイコ・フレームを組み込み、機体の追従性やサイコミュ性能は、それまでのMSから飛躍的に高まっている。
この機体独自の装備であるフィンファンネルは、攻撃用であると同時に対ビーム用のIフィールド発生装置としても機能する。また独立したジェネレーターとAMBAC(反作用による運動制御)機構を持つため、通常のファンネルと比べ、運動性能と稼動時間が大幅に向上している。
アムロの最終機。

BACK/HOME