MSN-03 JAGD-DOGA
MIA ヤクト・ドーガ(ギュネイ専用機)





サイコミュ搭載のニュータイプ専用モビル・スーツ、ヤクト・ドーガのギュネイ機。クェス機もありますが、こちらのカラーリングのほうが無骨っぽくて好き。ツノついてるし。モノアイ上にマーキングされた目のマーキングも、かっこよくていいです。

肩のバインダーが干渉してポーズを決めにくい以外は、全体的に可動域は良好です。デザインによる制限などもあるのでこれくらいが限度でしょう。ヒザはよく曲がるけど、足首はあまり動かないのが残念だなあ。(クリックで画像拡大)。
バックパックのバーニアは少しだけ可動します。肩のバインダーも付け根部分から回転や角度の多少の調整が可能。

デザインの都合か、首はほとんど動かないです。替え手は例によってなし。シールド、ライフル(クェス機はガトリングガン)のほか、ナイフつきビームサーベルが付属してます。このビームサーベル、細身なうえグリップも細くて持たせにくいです。ナイフと分離もできないし、ちょっと手抜きな感じ(クリックで画像拡大)。
ほかの製品と違い、肩部分の連結でパーツをひとつ追加しています。バインダーをつける肩アーマーの固定が必要だったためだと思われますが、これのおかげで腕を広げやすくなりました。でも結局バインターがじゃまして制限される始末…。非常にもったいないです。

バインダーにセットされているファンネルは着脱が可能。展開状態のファンネルも3つ付属しています(なぜ6つではないのだろう…)。円形シールドはあまり見ないので新鮮です(クリックでそれぞれ画像拡大)。
機体データ
新ネオ・ジオン軍のNT専用試作型MS。
ギラ・ドーガをベースにしてNT専用機として開発された機体。
ジェネレーターを大型のものに換装しているため、全体的に性能が向上している。
サイコミュを搭載しており、6基のファンネルを使ったオールレンジ攻撃が可能。
MSとしてはかなりの高性能機であるが、サイコミュシステムを小型化して組み込んでいるため、NT専用機としては性能的に不十分な点もある。
そのため試作機が2機製作されただけで、量産化はされていない。
このギュネイ・ガスの専用機はイエローとグリーンのカラーリングが施され、頭部に大型のアンテナを設置しているのが特徴である。
第2次ネオ・ジオン抗争中、アクシズ降下作戦においてνガンダムと交戦、撃破されている。

BACK/HOME