GUNDAM GP02
MIA ガンダム GP02


GP01に続いてGP02も当然のように2nd化。MSinActionとしては日本未発売でさんざん待たされただけに、こうした修正がかかっての発売は大変うれしいところです。劇中のボリュームがほどよく再現されていていい感じ。肩のアクティブバインダーがちょっと小ぶりか。もうちょっと大きくてもよかったような。

ヒジ、ヒザは二重関節。さらに足首にも連結パーツがふたつ追加され、より柔軟な可動を実現しています。頭部も程よく上下に動くし、腰も多少ですが回転するし申し分なし。欲を言えば、GP01にあったような肩の関節機構がほしかったかな。でも、これをすると自重に負けてなで肩になりそうなので、省略したのは正解かも(画像クリックで拡大表示)。
背面。アトミックバズーカのラッチは右肩にあります。肩との連結がボールジョイントなためかちょっとヘタれがち。瞬間接着剤でキツめにしてやるといいかもしれません。後部の腰アーマーはパイプに通して装着されているので、パカッと開くことができます。がんばってるなあ。

アクティブバインダー先端と内部のバーニアはシャフトで連結されており、連動するようになっています。肩パーツとの連結も固めで、広げた状態を保持可能。大きく開くのでポージングの幅も広がります。

足首には、前述したように連結パーツが追加されています。足首の回転や上下のスイング(?)に幅が生まれ、接地性がグンと上がりました。可動ポイントの連結がもう少しキツいとなお良かったな(クリックで拡大表示)。
足が大きく開くし接地性が高いおかげで、アトミックバズーカを構えるポーズがメチャクチャかっこよく決まります。これだけでも購入した価値は十二分にあるでしょう。バズーカのグリップは付け根部分から扇状に可動するため、持たせやすいのも影響してると思います。

大変デキのいいGP02ですが、シールドが重すぎ。左手に持たせるグリップは保持力があるわけではないので、足のつま先で支えるなりの工夫を求められます。かなり大きい(本体と同じくらい)ので、取り回しも結構大変(画像クリックで拡大表示)。
下2枚はUS版との比較。JPN版のほうが、スケールもディティールも何から何までワンランク上。バズーカもシールドもサイズが違います。こうして見ると、US版を買って喜んでいたかつての自分が非常にこっけいに感じます。あのころは入手できただけで満足してたんだろうな…。

JPN版は左肩にセンサーがなかったり、シールドにジオンのマーキングがなかったりと違いがありますね。どうも今回のJPN版は『GUNDAM FIX FIGURATIONS』(es-toysのガンダム専門サイトへジャンプ)をサンプルにしているようで、その影響でセンサーやジオンのマーキングがなかったりするみたいです。そういわれると、先だって発売されたGP01もGFF版と似ているような…。

ということは、GFFで出た機体がこの先MSinActionに再登場する機会があるかもってことなんですかね。GFFはガシガシポーズつけて遊ぶおもちゃじゃないので持ってませんが、こっちで出してくれたら買うかも。ガーベラ・テトラ出してくれないかしら(画像クリックで拡大表示)。


BACK/HOME