GUNDAM GP02A
US版 MIA ガンダムGP02 サイサリス






開始しょっぱなから敵に奪われるガンダム2号機。でかいシールドと肩バインダーが特徴。シールドを持った
ままの作戦行動が基本なのですが、製品では重過ぎてまるで保持できません。
ましてバズーカの砲身をシールドに装着した状態でなおさら。スタイルはいいんですけどねえ
(画像クリックで拡大表示)。

バズーカの後ろ砲身は右肩にボールジョイントで固定されており、シールドにホールドされている前砲身と
つなげられます。肩バインダーは水平近くまで展開が可能。先端や後面に着けられたバーニアも可動するので、
それなりのアクションポーズをとれます。

足首がほとんど動かないので下半身のポーズ付けはちょっと難しいかなあ。現在は、セカンドバージョンと言える
ほど新造形の日本版が発売されています。日本版GP02は、現段階で立体化されているGP02の中では、最高
のデキなので、そちらはオススメ!
(画像クリックで拡大表示)。


ガンダムGP02A機体データ

「サイサリス」のコードネームを持つ試作2号機、GP02AはGP01とは全く違うコンセプトで設計された。
ガンダムの基本性能に最強の武器を搭載するという思想で開発され、「核弾頭」の装備に行き着いたのである。
2号機の武装は核弾頭を発射するアトミックバズーカの他には、バルカンとビームサーベルを持つのみ。
ガトーに奪取された時点ではテスト中ということもあって、専用の火器などは用意されていなかったのだろう。
とはいえ、核を装備した状態で射撃戦を行うのも非現実的であるので、目的地まで隠密に進行して、核攻撃後
はすぐさま撤退するというのが2号機の運用法になると思われる。

   TOP/BACK