RGM-79 RB-79
MIA ジム&ボール 1St Version




連邦V作戦の最終目的は、ジムの生産と搭載コンピューターの処理能力アップであると、
最近になって気づきました(ホントか?)。

そんな連邦の主戦力であるジムですが、素体にガンダムVer.1を使っているためデキは
いまいち、大きな胴体、でかい胸、細い腕、すぐに外れる肩関節など、気になるところが
多いです。
首と頭部がボールジョイントによる取り付けになっていることが、数少ない救いでしょうか
(画像クリックで拡大表示)。

個人的には、ボールとセットで出たこと自体がある種の救いだったような気がします。
MiAの方向性として、主要(人気)MSを製品化して終わってしまうのか、それとも他作品や
マイナーMSへも広がりを見せるのか不明瞭だった時期に出ただけに、"コレがきちんと
売れればシリーズとして継続するかもしれない。オレ達は試されているのかもしれない"と
出たときは思いました(画像クリックで実寸表示)。
新たにリリース予定のGM&ランチに期待しましょう(^^;)

オススメ度!★★ カタログコーナー該当ページ!

ジム機体データ
(この資料はMS-LEXICONより許可を頂き、転載しています)

連邦軍の汎用量産型MS。
RX-78ガンダムの簡易量産型であり、コアブロックシステム等の複雑な機能は廃止されている。
生産性を重視したため機体の性能は低めに抑えられており、ジェネレーター出力が低いために
ビームライフルの装備もできない。
しかし低出力ながらビーム兵器の使用は可能であり、ジオン軍のMSに対して武装面では優位
に立っていた。
一年戦争後期の反攻作戦の主力兵器として大量生産され、主として宇宙要塞の攻略作戦に
投入された。
また連邦軍の標準MSとしても数々のバリエーションを生んでいる。
本機の性能は決して高いものではないが、機体の基本設計そのものは優秀であり、RGM
シリーズは長く連邦軍の主力MSとしてしようされることになった。
ジムとセットで出されたボール。ジム&ボールのメインはじつはボールだという意見は少なくないです。それほどデキがよい。

本体と腕の連結部分にボールジョイントを使っているので、予想以上に腕に表情をつけられ
ます。ちょっといびつなタマゴ形の本体、長めの砲身、マニピュレーターの開閉など見れば
見るほどラブリー。ぜひともプラモデルMGでぜひ…(^^;)

オススメ度!★★ カタログコーナー該当ページ!

ボール機体データ
(この資料はMS-LEXICONより許可を頂き、転載しています)

連邦軍の宇宙用戦闘ポッド。
先行量産型ボールを改修し、さらに構造を単純化したもの。
武装はガンタンクの主砲を改修した120mm低反動キャノン1門である。
MSと比較すると機動力、装甲の不足は明らかだが、生産性は極めて高く、搭乗員の養成も容易である。
MS開発までの間に合わせ兵器として多数が生産され、ジムの配備後はその支援を担当した。
しかし所詮は戦時の急造兵器であり、戦後ほとんどの部隊から姿を消している。
   TOP/BACK