MS-07B  GOUF
EMIA グフ


2nd Ver.、Advanced〜に続く(?)新たなシリーズ、

『EXTENDED MOBILESUIT IN ACTION!!』

2ndバージョンで培った可動ギミックを継承しつつ、フル塗装、グラデーション処理によるウェザリングを施してあります。可動もリアル志向も狙う、欲張りなコンセプトとなっているようです。以上パッケージの紹介文より適当に書き出し。

塗装はこれまでの製品とは一線を画す処理がされており、これまでのチープトイ風味はかなり薄れています。下に比較写真がありますが、塗りはオリジンシリーズとよく似てるんですよね。もしかしてこちらのコンセプトを拝借してるんじゃないでしょうか(クリックで写真拡大)。
実際に触って動かしてみると、確かにMIAだと分かります。ただ、塗装の関係かこれまでの塩ビ系(?)ではなく、やや固めの素材になっているみたいです。パッケージには本体PVC、武器や関節でPOMという素材を使っているようです。フォースインパルスの翼と同じなのかしら。

第一弾にグフを持ってくるという非常に渋いチョイスなのですが、単に2nd Ver.からの移行(2nd Ver.シリーズはジムで打ち止めらしく、今後既製品化されたMSのバージョンアップはエクステンデッド〜になるようです)のタイミングで、グフが第一弾になっただけのような気がします。素材と塗りをこれまでと同じにすれば、2nd Ver.となんら変わらないですよ(クリックで写真拡大)。
塗装はともかく、2nd Ver.としてみるとこのグフも非常によくできています。ザク2nd Ver.で使われた技術がそこかしこで見られます(足裏のスリッパ、ランドセルの着脱、肩の前後スイング、スカートの分割、首の上下スイングなど)。

さらに、両手をバルカン(親指が動きます)にできたり左腕の持ち手(握り、通常持ち手、火器用持ち手)を用意したりと、グフなのに持ち手が豊富。パッケージにはザクマシンガンも同梱されています。ジャブロー突入時を再現できるわけですね(クリックで写真拡大)。
ヒートロッドは細かく分割されていて、全部つなげると写真のようにガンダムを絡め取った様子を再現できます。でもちょっと短いかな?専用の持ち手も用意されていますが、ヒートロッドを使ってのポージングは案外難しいです(クリックで写真拡大)。
ヒート剣は柄と刀身を分離でき、収納時は盾の内側にマウントできます(一番上の写真参照)。左の持ち手を使えば二刀流も可能。写真ではグフカスタムの剣を持たせています。08小隊、いい加減コーナー作らないと…。

腰左右と後ろにはマウント用の穴があって、ザク2nd Ver.についていたヒートホークを携行できます。でも、背中側の穴はなぜか大きいです。少なくともヒートホークは背中にセットできませんでした。

最後2枚はグフカスタムとオリジンザクの比較。グフカスタムより今回のグフのほうがちょっと大きいです。オリジンザクには負けますが。オリジンザクと並べると、同じ世界に登場するメカとは思えないなあ。解釈でこうも変わるモノなんですね。

腰もほどよく動くし片ヒザ立ちもできるしデキとしては申し分ないのですが、グフの構造上腕が横に広がらないのが非常に残念。あと、塗装の都合これまでの機体と並べると違和感があります。今後出る機体すべてがExtended〜に移行するわけではないみたいなので、一緒に並べたりジオラマ作ったりできる仲間がほしいところです。シリーズ充実に期待です。

まさかとは思いますが、これまでの2nd Ver.をExtended風味にして出したりしないですよね? 出たらどうしよう…(クリックで写真拡大)。

BACK/HOME